専門職向け

リハビリテーションに従事する専門職向けの内容です。 理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、医者(Dr)、看護師(Ns)、介護士、ヘルパー等を対象としています。

家族の支え

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 ある方との会話。 今まで家族に迷惑をかけてきた。 脳卒中になって余計に迷惑をかけた。 でも、家族の支えをここまで感じたことは人生でない。 家族を支えるためにまだまだ頑張れる。

当たり前のことを当たり前にやることの大切さ。

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 今世の中には、さまざまな介入方法(理学療法・作業療法など)があります。 一つの方法論ですべて解決しているのではあれば、新たな考え方が出現することがありません。 ですが、世の中には素晴らしいと伝聞されるセラピストや治療家の方がいます。 その方々が提唱した考え方・概念がなぜその方々と同じような結果が出ないのか。 当たり前なことを突き詰めているので、同じことをしているように見えても、結果が異なるからです。 例えば股関節を動かす時に、大腿骨頭は動きます。顎関節では噛み合わせという言葉があります。 股関節でも同じくです。 股関節の噛み合わせ、自動運動での骨頭の動き、セラピストが動かした時の骨頭の動き、それを感じて考察するだけで患者さん、クライアントさんのことわかります。

その言葉の大きさを。

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 脳卒中になった患者さんの多くは、突然の発症で混乱したまま、病院に入院し、家族とともにこの後どうなっていくのだろうと不安の中にいます。 いきなり手が動かなくなったら? いきなり歩けなくなったら? いきなり話せなくなったら? 想像すらできないのではないでしょうか。

エビデンスで患者の限界を決めていいのか

こんにちは。 沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすい 代表の玉城です。 医学の中では、インフォームド・コンセントがあります。 嘘は言ってはいけないので、これまでに科学的に証明されたことをもとに患者に説明することを基本としています。 これは、あくまでこのような状態になった方の一般的な情報であって、この方自身の限界ではないんですよね。 現在の医学での回復はここまで証明されていますが、そこから先は個人によって異なる、ということを一言加えてほしい。 発症し、たかが半年程度で限界を決められてしまうような言い方をされて、絶望してしまう方が多くいます。 医療従事者の一言は、患者にとって大きな一言になる。 クライアントの方々はみな口をそろえて言います。

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title