『話す』ことに必要な筋肉(失語症の方)

0
180

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

 

人がことばを話すには

いろいろな筋肉が必要です。

 

話すための筋肉は

 

・息を吸ったり吐いたりする(呼吸)に必要な筋肉

・のどを動かすにはのど(喉頭)の筋肉

・顔の筋肉

 

があります。

 

呼吸筋の働きは

声量を変えたり

声の長短を調節することに関わります。

 

のどの筋肉は

声を高く・低くする

声に強弱をつけることに関わります。

 

顔の筋肉は

表情で気持ちを表し、

舌やくちびるを使って発音することに関わります。

 

このように

話すことだけでもいろいろな筋肉を使います。

この筋肉とかが使えるようになる身体の状態が

とても重要です(^^)

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら