木のさわり心地がいい。言語聴覚士が教える3〜8歳対象プログラミング教室

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい 言語聴覚士の喜友名です。

 

プログラミング教室ですが、

多くの方に興味をもっていただき、ご連絡いただきまして、誠にありがとうございます。 

 

改めまして、プログラミング教室ではありますが、

パソコンやタブレットは一切使わない教室になっております。

 

プログラミング学習、論理的思考、

お子さんが自ら考えることを尊重し、その結果には成功も失敗もなく、

すべての過程を大切にし、楽しく学び成長していく教室となっております。

 

キュベットというロボットで遊びながら学んでいきます!

このキュベットは木でできており、

さわり心地が非常によいです。

 

パソコンやタブレットを幼いときからたくさん触ってほしくない、、、

けど、将来プログラミングが必須になっていくのはわかる、、、どうしよう、、、

というようなお悩みをもつ親御さんが興味を示していただける場合が多いようです。

 

 

こちら体験1回は無料となっております。

3回1時間弱の個別対応の教室です。 

3回15000円となります。

 

週1回来ていただくとしても、月に一度はこの教室に来ていただかない週を創ってもらい、

お子さん自身がどう過ごすのかを自分で考えてもらう余白とさせていただきたく思います。

 

ご興味ある方は、

https://lin.ee/4MlGRYp

専用LNEからご連絡ください(^^)

 

場所は、

那覇市天久店

那覇市首里寒川店

がございます。

 

木曜日の午前中、夕方17時以降

日曜日の案内となります!

 

まずはご興味ある方ぜひ!

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

言語聴覚士が教える3〜8歳対象プログラミング教室

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい 言語聴覚士の喜友名です。

 

3月末から

言語聴覚士が教える3〜8歳対象プログラミング教室が始まりました。

お受けできる人数に限りがありますので、少しずつの案内になっています。

ご了承くださいm(_ _)m

 

こちらのプログラミング教室はパソコンは使わず、

キュベットというロボットで遊びながら学んでいきます!

 

ご興味ある方は、

https://lin.ee/4MlGRYp

専用LNEからご連絡ください(^^)

 

場所は、

那覇市天久店

那覇市首里寒川店

がございます。

 

木曜日の午前中、夕方17時以降

日曜日の案内となります!

 

まずはご興味ある方ぜひ!

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

足首が硬いんですが、どうしたらいいでしょうか?

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

足首が硬いんです

動きやすくするために柔らかくなりたいんです

どうしたらいいでしょうか?

 

そんなことを思っている人もいるのではないでしょうか?

大体足首が硬いと悩んでいる方は、

ふくらはぎが硬いと思っている方が多いのではないでしょうか?

 

もちろんふくらはぎが硬いというもの一つの要因として考えられますが、

それだけではありません。

 

今日は一つ、

ふくらはぎの中には2本の骨で成り立っています。

この2本の骨が開くと足首が動きやすくなり、

狭くなると、足首が動きにくくなります。

この2本の骨が広がらないようになってしまうと、

足首が動きにくくなる要因の一つになります。

 

ふくらはぎはふくらはぎでもふくらはぎの表面ではなく、

奥の問題になります。

 

奥の問題の解決は、

それぞれのリハビリで(^^)

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

装具をいつ外せばいいでしょうか?というご質問に対して

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

装具をいつもつけています。

お風呂と寝るときだけは外しています。

 

そのような方から装具のご相談をいただきましたので、

こちらでもシェアします。

 

装具は立つや歩くなど足に体重がかかる場面で、

装具がないことで転ぶ可能性があったり、

歩きにくかったりすることを補助するために使っていると思われます。

 

上記の方の場合、

装具がなくても数歩であれば安全に歩くことができる方でした。

 

ご自宅でいるとき、

ソファーでくつろいで、テレビを観ている時に装具をつける必要があるでしょうか?

急にトイレに行きたい!

玄関のインターホンが鳴った!

自宅の電話が鳴った!

などの急展開がなければ、

装具を外しておいても問題ないとお話をすることがあります。

 

電話の場合、子機が横にあれば問題ないですね。

来客の場合、声で返事し、装具つけるまで待ってもらうのも一つの手ですし、

インターホンにつながる子機を使うと安心して声かけられますよね。

 

トイレの場合、

尿意などを感じられたら問題なく、早めに装具をつけることで大丈夫ですね。

 

細かいことかもしれませんが、

日々の習慣で足の動きも変わります。

硬くなってほしくないと思うのであれば、

少しずつでもいいので、

習慣を見直してみましょう。

 

ひとつひとつ。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

自分の身体に興味をもつと、変化を楽しめる

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

自分の身体は自分がすべてコントロールしているように思っていませんでしたか?

麻痺をすると、初めて自分の身体が自分の身体のようではない感覚になりませんか?

 

これは麻痺という後遺症をもつ前から、

人間誰しもがそうなのです。

 

全部自分がわかって、動かしているつもりになっていただけなんです。

強烈にできないことをわかっただけなのです。

 

この強烈なサインをどうするか。

自分の身体を自分でわかってあげる、

そのためのチャンスなのかもしれません。

 

ご自身の身体に興味を持つと、

自分自身の身体がいかに自分でわかっていなかったか気づくことができます。

そこからがスタートです。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

細胞が覚えているから、いつからでも変われる。

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

題名の通り、

人間はいつからでも変われます。

というか今この瞬間にも細胞分裂を繰り返しているので、

常に変わっています。

 

その変化を認め、

どの方向性に変わっていくのか

それだけです。

 

細胞の中の記憶を思い出して、

変化の方向性を見出しましょう。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

手の動きの動きをよくしたい(片麻痺による後遺症)

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

手の動きを改めて思い出していくためには、

手の動きはどのような動きによって支えられているかを知る必要があります。

 

指の動きは手のひらの動きが必要で、

手のひらの動きは手首の動きが必要です。

 

手首の動きは前腕の動きが必要で、

前腕の動きは肘の動きが必要です。

 

肘の動きは肩の動きが必要で、

肩の動きは肩甲骨の動きが必要です。

 

というように、

手の動きは手の動きだけで成り立っているわけではなく、

さまざまな動きの土台の上に成り立っています。

 

手の動きをよくしたい、

思い出したい、

そう思った時に何が手の動きを邪魔しているのかを考えることが必要です。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

指が固くなりやすいです、どうしたらいいでしょうか?

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

指に力が入って固くなりやすいです、

どうしたらいいでしょうか?

と質問をしてもらいましたので、

その方に向けたお返事をブログでも一部載せます。

 

まず心身どこかが緊張することで、

連合反応が起き、麻痺した手や足が緊張して固くなることがあります。

 

緊張して固くなったものが継続してしまうと

固くなっていたものが固まってしまう可能性もあります。

 

指が動いてもらうために固まってしまうと困ります。

固まらないようにしていきましょう。

 

人間の身体はミルフィーユのように

大地の地層のように

折り重なっています。

 

折り重なりつつも

身体が動くためには、

その層がスライドしないといけません。

 

指も層になっていますので、

皮膚を引っ張り、

皮膚の下との層がスライドするようにしてあげると、

動きやすくなります。

 

難しいことは何もしないでいいです、

力wいれすぎず、

指を優しく引っ張ってあげてください。

 

試してみたらどうだったか教えてもらえたら嬉しいです。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

姿勢が悪いんです、どうしたらいいでしょうか?

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

姿勢が悪いんです、

どうしたらいいでしょうか?

という質問を受けることがあります。

 

まず姿勢にはいろいろあり、

今この姿勢はあなたの心身の最善な戦略で創られた姿勢です。

 

さて、

え?猫背なのに最善?

そんなわけない!って思うかもしれません。

 

筋肉の伸びや骨の長さや形、

好きな人の前にいるのか、

一人でだらけているのか、

さまざまな要素が創り出した最善の姿勢が今の姿勢なんです。

 

その姿勢を創り出した要素を一つ一つ考えていくこと

それが今の姿勢が自然と変わっていくことに繋がります。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

急がなくていい、悩んでいい

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

すぐにできないんです

すぐにできない自分はだめなんです

 

身体や心がすぐに動きたがらない時には

すぐに動かなくていいと思います。

 

すぐに動かないと誰かに迷惑がかかると思っている方は、

その方に一言

『ゆっくりでいい?』

と聞いてみましょう。

 

悩んでいて進めない時、

それはそれで悩んでいることを味わってほしいです。

 

赤ちゃんの時に最初からすべてうまくいったでしょうか?

やりたいことができない、

そんな経験を積み重ねて今があります。

 

大人になったからって

悩んだり、

立ち止まったりしていけないわけではありません。

 

今はそれが必要な時なのかもしれません。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title