言語聴覚士が仲間になりました

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

10月から言語聴覚士の喜友名大司がてぃーぐすいの仲間になりました。

 

ご自分の満足するまで言語練習をしたい、リハビリをしたい!

という方はお気軽にご連絡ください!

 

2020年の間は、1時間半 10000円 (通常価格:12000円)

 
体のリハビリも受けている方は特別価格で1時間半 8000円

 

で対応させていただきます。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

大変申し訳ありません!予約が埋まってきています!

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

てぃーぐすいを始めて数年、

本格的に動き出して間もないてぃーぐすいですが、

予約状況が以前より埋まってきております。

 

今来ている方の予約が最優先になりますので、

新規の方の予約は取りにくくなる可能性がございます。

よろしくお願いいたします。

 

今後、

時間を取りやすくする工夫、

それぞれのクライエント様に

微調整をお願いすることもあるかと思います。

 

ご迷惑をおかけいたしまして申し訳ありませんが、

何卒よろしくお願いいたします。

 

2020年10月からは言語聴覚士の喜友名も仲間になってくれ、

今後、さらなる成長をお約束します。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

歩く練習をしたい

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

歩く練習をしたいけど、自宅内の廊下だけだと

景色も変わらないし、、、

 

という方は、

コロナの感染対策はしつつ、

大型ショッピングモールの人が少ない廊下とかでもいいかなと思います。

 

・段差なく

・ベンチが近くにあって

・スロープを降りる練習もできる

 

その方の状態によって、ご家族が一緒にいたほうがいいかと思われます。

 

段差のない歩くところを探している!

という方はご参考にしてください!

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

歩くときに何を意識したらいいですか?

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

『歩くときに何を意識したらいいですか?』

 

そのようなことを聞かれることが多いです。

 

かかとからつきましょう!とか

姿勢をよくしましょう!とか

歩くときの姿勢を意識してもらうことが多く

出回っています。

 

片麻痺の方で大切なことは、

頑張りすぎによる連合反応を少なくすることです。

 

姿勢をよくしようと頑張りすぎて、

手足が緊張することは歩くこと自体の動きも悪くなりますし、

本末転倒になってしまいます。

 

まずはその辺りを気をつけてみましょう!

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

装具を外せるときには外す

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

質問をされることがあるので、

ブログでもシェアします!

 

装具を普段つけている方で、

いつ、つけていたほうがいいですか?との質問。

 

その装具が歩くために作ったものなのか、

立つために作ったものなのかなど、

目的に寄りますが、

転倒の危険がなく、

つけ外しの負担が大きくなければ

なるべく外してもらうことをおすすめしています。

 

装具に頼らないといけないとき以外は外してもらって、

足を自由にしてあげるほうがいいことが多いです。

 

一人ひとりの状態によって、

細かくは変わるので

担当のリハビリの方に聞いてみてください!

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

あごの重要性

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

あごは非常に重要です。

 

あごは頭のバランスをとっていて、

約6キロもある頭のバランスをうまく取れないと、

首などに負担がきやすくなります。

 

発症当時やきついリハビリなどで

噛み締めていた方、

噛みしめる癖がついている方などは、

あごのまわりの筋肉が固くなったままになっており、

あごでのバランスがうまく取れていない方がいます。

 

噛む筋肉をほぐしたり、

担当のリハビリの方にほぐしてもらったりしてみてくださいね!

 

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

話を聞く

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

話を聞く

当たり前なことだと思います。

 

クライアント

患者

会社

 

この方々の話を聞いて

プロとして適切な対応をしていく。

 

これを当たり前にしている方を見ていると、

当たり前に対応できるかなと思います。

 

しかし、

社会人になった場で

そのような当たり前なことをしている人

していなかったときに気づかせてくれる人

そんな方がまわりにいないと

話を聞けてないということを気がつけないまま

時間が経過してしまう。

 

逆に言うと、

それに気がつけるだけで

医療従事者として一歩出られるのかもしれない。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

時間制限のないという利点

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

てぃーぐすいでは時間制限を設けていません。

医療保険でも介護保険でも、

時間制限があり、その中でリハビリを行ないます。

 

てぃーぐすいでは時間制限を設けていないため、

3時間でも6時間でも8時間でも可能です。

 

ご本人が満足するまで私達は可能性を諦めない。

 

そのためには時間制限があることでのデメリットが非常に大きいのです。

 

リハビリ1時間を3回するよりも

3時間を1回することで、

心身の奥、深く深くを追求することができます。

 

今日はどんな景色、

どんな身体の変化を見ることができるのか楽しみです。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

癖をとっていくこと

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

片麻痺になる前にあった癖や習慣。

片麻痺になってからも心身に影響することがあります。

 

連合反応によって、

どこかしらの無理や頑張りすぎがあると、

麻痺した手足に勝手に力が入ります。

 

発症前の癖による体の硬さ、

そしてもちろん発症後に繰り返してきた癖。

 

生まれてから今までのものを感じ、考えながら進めていくことが必要です。

 

癖はなかなか気が付きにくいですが、

気がついたときがチャンスです。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

脳梗塞後遺症に対する幹細胞による再生医療

0

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

 

『何も治療法がありません』

 

そう言われてしまい、途方に暮れる患者さんにとって、

幹細胞による再生医療は一つの希望なのだと感じます。

 

再生医療をする患者さんたちと接していて、

一筋の光を手繰っているなと。

 

『希望が全く無い』と言われたところから、

チャレンジしてみる

というところで希望になると、

それだけでも生きる希望になる方もいます。

 

沖縄では唯一の環境。

 

非常にありがたい限りです。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title