あるものに気づき、そして活かすことから(片麻痺、失語症の方)

0
174

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

脳卒中などを発症し、

片麻痺や失語症などの後遺症を持つと、

以前とご自身と比べてしまいます。

 

比べずに、今あるものを気づくことが大切です。

このような言葉を聞くと、

麻痺していない手を使えばよいと思う方もいるかもしれません。

 

もちろん生活の中ではそのようになります。

あるものに気づくことは、

麻痺している・していない部位に限らず、

『あるもの』に気づくことが大切です。

 

手は麻痺しているが、

動く部分がある人、

感覚がわかるところがある人、

後遺症と括らず(くくらず)、

『あるもの』を気づくと、

今の体に何が必要かを考えることができます。

 

あなたにあるものはなんでしょうか?

それを活かすことを考えてみていきましょう。

  

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら