どこの神経を使うか(片麻痺、失語症の方へ)

0
164

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

脳のどこかが損傷等をし、片麻痺や失語症になった方、

動けるようになったり、話せるようになるために

どうしたらいいのかと考えると思います。

 

動くにも、話すにも、

神経が電気信号を出し、伝えることで、

筋肉などが動き、動いたり、話したりすることができます。

 

使いたい神経ではない神経が過剰に働くことで、

本当に使いたい神経が動かず、

思うように動けない、話せないということになります。

 

人間の脳の表層、上にある新皮質と呼ばれる脳は

考えたり、人間らしい脳と呼ばれることがあります。

 

動いたり、話したりということは、

人間じゃなくてもできる部分があり、

人間らしい脳ではない爬虫類の脳(脳幹)など、

生きるための脳をより働かせることで、

動きやすくなります。

 

脳幹などの人間になる前からある神経を使い、

動きやすくなったり、話しやすくなったりしていきましょう。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら