カンファレンス

0
221
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

病院や介護保険でのリハビリテーション分野では、
カンファレンスは日常的に行われています。

てぃーぐすいは、医療や介護保険内でのリハビリテーションではないため、
基本的には参加しません。

しかし、利用者さまやケアマネージャーに理解があれば、
参加することがあります。

理学療法士として働いてきて、
保険分野の制約の中でやれることの歯がゆさなども理解しています。

だからこそ、このようにカンファレンスに呼んでいただけることに感謝です。
このような方がいましたので、シェアします。

私は会ったことがありませんが、利用者さまの以前の『自費の施術』の方の話。

その方はリハビリテーションの国家資格ではなく、
看護の国家資格を取り、『治療』をしているという方。

(この方は全て治療という表現をしていたそうですが、治療という表現は。。。)

カンファレンスに参加した際に、
担当の介護分野のセラピストや訪問の看護師、担当のケアマネージャーなどを
罵倒したとのこと。

もちろんカンファレンスは大変なことになったらしいです。

他の職種を罵倒するような人間性の方が片麻痺の方と関わって、
いい方向に向かっていけるのか、一緒に伴走できるのか、
疑問です。

リハビリテーションが保険で全て担えたらそれが一番いいことです。

ですが、現状それは厳しいと思われます。

片麻痺の方のリハビリテーションの選択肢が増えるように、
片麻痺の方の関係者と良好な関係性を構築し、
皆で支えられる仕組みになることを祈っていますし、
てぃーぐすいが実践していきたいと思います。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら