人の身体に終わりはない。

0
239

こんにちは。
代表の玉城です。

脳卒中を発症されると、程度に差はありつつも、
身体が発症前と異なる状態になります。

その一つに片麻痺という状態があります。

片麻痺は、右または左半身が動かしにくくなる状態であり、
人によって程度は異なります。

多くの方は、
『もうこれ以上よくならないからうまく付き合ってね』と、
主治医やリハビリテーションの担当者から伝えられることがあります。

数ヶ月前に発症し、何十年間一緒だった身体に急激な変化があり、
それを受け入れることができる人がどの程度いるのでしょうか。

てぃーぐすいのクライアントさまの多くは、
まだまだやりたいことがある!
今の身体からもっと良くなりたい!
装具を外して自由に歩きたい!

などのご希望の方がいます。

片麻痺という後遺症になってしまっていても、
身体の変化はずっと起きています。

片麻痺という状態は、
一つの強い癖(くせ)と思っていただけるといいかと思います。

この癖をいかに減らしていくか、
身体を変えるのか、
生活習慣を変えるのか、
はたまた何か他の点を変えるのか。

てぃーぐすいでは、
クライアントさまの要望・希望に沿い、
最大限サポートさせて頂きます。

『身体の変化に限界はない』という考えのもとに、
施術や指導をさせていただきます。

『もうよくならないからうまく付き合ってね』

この言葉は非常にきつい一言であったと
クライアントさまの多くの方はおっしゃっています。


この言葉を跳ね返すように進むクライアントさまは、
乗り越えていきます。

一緒に乗り越えていきたい!
もっと身体が動くようになりたい!
など
ご希望のある方は、

電話番号

09096243496

メールアドレス

tigusui@gmail.com

までご連絡いただけると幸いです。

可能性は無限です。

お問い合わせはこちら