人の限界を他人が決めることはできない(片麻痺、失語症の方へ)

0
152

こんにちは。

いつもありがとうございます!
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいです。

 

時々Twitterを見ていますが、

多くの方が片麻痺や失語症になって、

発症当初は『どうにかしてやるんだ!』と意気込んでいても

その意気込みは長く続かず、

諦めてしまったという投稿をよく拝見します。

 

人によっては、

回復期のリハビリテーション病院の中で

退院間近になっていくことで

徐々に諦めなければやっていられない言葉を言われている

という投稿も見かけます。

 

非常に悲しく、思います。

 

人間の可能性を人間が理解していないし、

まして数ヶ月しか関わっていない人に

限界を決められることが人生であるでしょうか。

 

脳は3%しか使っていないなどと言われるぐらい

未知な部分があると言われているのに

脳卒中の後遺症の限界は数ヶ月で決まってしまうのでしょうか。

 

医療の中では期限や制限があり、

その制約下での限界も確かにあるかもしれません。

 

しかし、

それはその方の限界ではありません。

 

限界があるのであれば、

構造的な問題、骨などの問題があるかもしれません。

そうではなければ、限界はそう簡単にはきません。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら