言語聴覚士のリハビリ

脳卒中後の後遺症として「失語症」、「構音障害」、「高次脳機能障害」に対するリハビリ。

発達障害による「ことばの遅れ」に対する療育の実施が可能です。(未就学児は要相談)

リハビリ時間の目安として1時間半~3時間をお勧めしており実施回数は相談して決めています。

実施場所はサロンの他に訪問、オンラインでの対応も可能です。

現地集合・解散になりますが、自宅以外の訪問(自分の好きな公園や飲食店)などリラックスできる場所でのリハビリにも対応しています。

料金

サロンでの施術 1〜3時間10000〜30000円

訪問での施術 1〜3時間15000〜35000円