年齢を重ねると、足の感覚がわかりにくくなる?(片麻痺の方)

0
154

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

若いころより

俊敏な動きができなくなってきた、

そう思う方も少なくないのではないでしょうか。

 

年齢を重ねると、

足の感覚が鈍くなると言われており、

手より足のほうが鈍くなると言われています。

 

足の裏は、

二足歩行の私たちにとって、

床に触れている唯一の皮膚です。

 

その足の裏の感覚が鈍くなると、

足の裏に何が当たったとか、

足の裏の下に何があるとかが、

わかりにくくなるということです。

 

片麻痺の方は、

発症後に感覚が鈍くなる方が多くいますので、

発症によるものと、

年齢を重ねることで鈍くなること

少なくとも2つの要因があります。

 

年齢を止めることはできませんので、

片麻痺の方は、

発症によって感覚が鈍くなっていることを

機能改善させることが大切です。

 

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら