発症後3ヶ月ですべてが決まるのか(片麻痺、失語症の方)

0
184

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

脳卒中(脳梗塞や脳出血など)を発症し、

入院・治療をし、リハビリテーションが開始されます。

 

現行の日本の医療制度であると、

発症から180日というリハビリテーションの期限があり、

その期限内に自宅に帰ることができる能力であるか否かが

一つの基準になります。

 

180日は最長なので、

90日程度で生活できるか否かの能力を見ます。

生活するための動作がどの程度できているかを基準としています。

 

多くのリハビリテーションや治療の研究でも

この90日(3ヶ月)を一つの基準にしています。

 

3ヶ月の時点での動作で基準が決まってしまう、

人生は発症してからも続くのに。

 

入院している最中でないと研究の数値をとるができないので、

致し方ないんですね。

 

このような医療の情勢の背景をもとに研究されたものが

前提としてあると知った上で

研究をみたほうがいいですね。

 

ご自身の身体に有効か否かはまた別問題ということで、

研究をみてもらえたらなと思います。

  

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら