発達障がいの子には、自分で考えるプログラミング学習が大切。

0
153

こんにちは。

いつもありがとうございます!
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい言語聴覚士の喜友名です。

 

今日は「てぃーぐすいプログラミング」のレッスンについてお話しします。

 

レッスンでは「キュベット」というプログラミングの玩具を使用しています。

見た目はとてもシンプル。

木で出来た、四角い車の形をしています。

 

前進、後進、右左折で動き、専用のシート上を動かして遊びます。

この単純な動きを専用のチップを使い動かしていきます。

 

始めは決められたスタート位置からゴールまで到達してもらいます。

ゴールまでの行き方に正解はありません。

自分で考えたルートで到達してもらいます。

それが慣れてくると、徐々にチップを少なくしたり(最短距離を考える)、指定のルートを通って到達できる様に条件を変えていきます。

 

ゴールまでのルートが1つではない為、作るプログラムも皆違ってきます。

答えは1つと限らないのが「キュベット」の楽しい所です。

1回でゴールまで到達できなかったとしても、それは失敗ではありません。

 

「このやり方では行けない」という経験になります。

 

キュベットでのレッスンを通して、自分なりの「答え」を考えてもらう。

てぃーぐすいプログラミングでは

「自分で考える」この事を大事にレッスンを行っています。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら