脳卒中と飲酒の関係(片麻痺、失語症の方)

0
173

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

片麻痺の方にとって、

脳卒中の再発はどうしても防ぎたいところです。

 

出血性の脳卒中、

いわゆる脳出血やくも膜下出血において、

お酒を飲んだ分だけ発症率が高くなるという

データが出ています。

 

大量の飲酒(エタノール48g/日)は、

脳卒中の発症率があがり、

特に脳出血やくも膜下出血では特に関係していることがわかっています。

 

大量の飲酒とは・・・?

 

大体4杯です。

ビールなら1200ml。

ビール300ml+ワイン125mlx3=375mlでも可。

これは成人男性が3時間で飲む量です。

 

一気に飲むと、

血液の中のアルコールの量(血中アルコール濃度)は、

急激に上がりますので、

飲む速度には気をつけてほしいです。

 

アルコールの量(ml) × アルコール度数(%) × 0.01 × 0.8(アルコールの比重)

 

の式いれると出てきます。

 

泡盛の場合、

180ml × 25度 × 0.01 × 0.8 =36g

エタノールが36gとなるので、

1日で48g越えたら大量飲酒ですので、、、

ね?

 

適度な飲酒に留めたほうがいいかもしれませんね(^^)

 

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら