薬の副作用としての症状(片麻痺、失語症の方へ)

0
180

こんにちは。

いつもありがとうございます!
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいです。

 

薬には作用と副作用があります。

あるクライアントが薬の副作用で歩きにくくなったという話。

 

ある時、

クライアントが歩きにくくなったという話があり、

本人と家族と原因を考えるために話していたときのこと。

 

薬が変わってからなんか体が違うという話が出ました。

その薬は精神的な症状のときに出るお薬で、

その副作用に錐体外路症状が出ることがあるお薬でした。

 

処方した医師にも

本人と家族が相談すると、

その医師は薬が原因と気がついてくれて、

薬の変更をしたところ、

歩きにくさが減ってきました。

 

薬の副作用で歩きにくくなるということを

知らない人もおり、

そんなときには主治医に相談してみたり、

薬について考えてくれる人に相談してみるといいかもしれません。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら