装具を使わなくなる体(片麻痺、失語症の方へ)

0
211

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

脳卒中などを発症して、片麻痺になった方が歩いたり、立ったりするために、

装具を履くということがあります。

 

装具にはたくさんの種類があり、

医学や科学の進化によって、

日々高性能な装具が開発されています。

 

よく使われる装具は、

プラスチックのものか、

金属でできている装具です。

 

これらの装具は足の形を取ってもらい、

大体はオーダーメイドで作られます。

 

装具の目的はその方によって変わりますが、

多くが立ったり、歩いたりするために使います。

 

装具を必要としない体になると、

自然と装具を外すことができるようになります。

自宅の中で、舗装された道で、徐々に装具を使わずに卒業していく方がいます。

 

発症当初は装具を使っていたとして、

変わっていく体に合わせて装具も変え、

徐々に装具に頼ることが減ってくると、

いつか卒業というところに到達する体になるかもしれません。

 

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら