言葉が出てくる環境を整えて、ひたすら待つ。(ブローカ、失語症の方)

0
121

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい 言語聴覚士の喜友名です。

 

失語症、特に言葉が出てくることが難しい方。

このような方の言葉のリハビリで大切なことは

 

①身体の状況を整える(身体環境)

②ご自身の周囲環境を整える

③言葉が自然と出てくるのを待つ

 

です。

 

人は教えてもらうよりも、

自分で学ぼう・動こう・話そうとしたときのほうが

学びやすく・成長しやすくなります。

リハビリでいうとご自身で話そうとするほうが

話しやすくなるということです。

 

やらされているリハビリ、

提供されているだけのリハビリより、

自分の言葉が出てくるのが大切ということです。

 

そのためには、

言葉が出てくるまでの時間も大切です。

 

幼いころに覚えた言葉、

思い出すことにも同じように時間を必要とします。

 

ご自身もまわりも待つことが大切です。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら