高齢者の低栄養の要因って?(片麻痺、失語症の方)

0
190

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

低栄養は、

リハビリテーションにおいて、

筋肉ができる妨げになったりするので、

いかに低栄養の状態から抜け出すかがひとつの大切な要素になります。

 

厚生労働省から出ている資料の中で、

高齢者の低栄養の代表的な要因が載っています。

 

1.社会的要因
独居
介護力不足・ネグレクト
孤独感
貧困
2.精神的心理的要因
認知機能障害
うつ
誤嚥・窒息の恐怖
3.加齢の関与
嗅覚、味覚障害
食欲低下
4.疾病要因
臓器不全
炎症・悪性腫瘍
疼痛
義歯など口腔内の問題
薬物副作用
咀嚼・嚥下障害
日常生活動作障害
消化管の問題(下痢・便秘)
5.その他
不適切な食形態の問題
栄養に関する誤認識
医療者の誤った指導

 

これだけでも非常に多く、

どう変化したかを考えないと、

的はずれな関わりになる可能性もあります。

 

発症後に低栄養になってきたとされる場合、

どれが該当している可能性が高いか、

要因は一つだけではないので、

さまざまな要因を考えつつ、

栄養について考えていくことが大切です。

 

ご家族が最近痩せてきて

心配という方は

この要因を少し考えてみてもいいかもしれませんね。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら