外を歩けるということ。

0
159
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

脳卒中などを発症し、回復期病院などを経て退院される方が多いと思います。

その回復期でなんの目的もなく、
外の散歩をするだけのリハビリテーションの話題が一時期話題になりました。

外に出られるということは、
ご本人の活動範囲の拡大はもちろん、
日を浴びることができるようになります。

自宅での光のみではなく、
一人で外に出て、太陽の光を浴びて、
空気を吸うことができるのです。

転ばないことはもちろん、
家族に心配を最大限させないようにすることも必要です。

地面の凹凸を目で見て判断しているのか、
足の裏で感じて無意識に対応しているのか、
その判断・対応している時に体の緊張は増えていないか、
周りに走る子どもとの距離感は?
子どもと目が会い、自然と微笑んでいてるか等々、
考えることが盛りだくさんです。

外を歩くリハビリテーションをどう捉えるか、
世界は全てコントロールできません。

だからこそできる範囲での準備が必要です。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら