歩くのを支える時に注意すること

0
165
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。

ご家族が歩く時にどう支えたらいいか、
支えられたらいいかと質問があったので、
ブログでもシェアしたいと思います。

この場合の例として、

①屋内は独歩or1本杖にて自立

②屋外に出るとふらつきが増える

③体力的に休憩を度々する必要あり。

ご家族が歩く時に支えるとき、
上記のような方であると、
右手に杖を持つと、
左側に介助をするのが妥当だと思います。

この時の転ぶのが心配で強めに介助してしまう方が多いです。

転ぶのが怖いのは当然なことなので、この時の注意を。

①強く支えるあまり引っ張らないようにする

②強く支えるあまり押さないようにする

まずこの2点が大切です。

人は歩く時に左右の足で歩きます。

この時に上半身が右、左に動きます。

これが歩くために大切なことです。

転ばないようにと介助し、
これを邪魔してしまうと歩きにくくなり、
余計に転びやすくなる可能性があります。

一緒にお散歩する時にはこれに注意してみてください。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら