表情筋と失語症の関係について(失語症の方へ)

0
251

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい 言語聴覚士のきゅうなです。

 

突然ですが、

顔の筋肉ってどれくらいの数があるかご存知でしょうか。

 

主に表情を作る筋肉

(口角を上げたり、目を閉じる)

だけでも20種類以上。

もっと細かくすると30種類以上あります。

 

顔の面積にこれだけ沢山の筋肉があるのは

驚きますよね。

 

そんな顔の筋肉ですが、

瞬きも含めると毎日2万回以上

顔の筋肉を動かしているという報告もあります。

 

沢山の表情筋を使い、

私たちは笑ったり、

話したりしています。

 

失語症を患った方達は、

話す機会が減る事も多く表情筋の動きが

硬くなってしまう事もあります。

 

表情筋の動きが硬くなると、

食事を食べる、

飲み込む事にも影響してきます。

 

そうならない為にも意識的に表情の筋肉を

動かす練習を鏡の前で行ってみましょう。

鏡の前でまずは「にっこり笑う」これだけでもOKです!

  

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら