痛みはサインである。

0
144

こんにちは。
沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。

 

クライアントとお話をしていると、

よくこのことをお伝えします。

 

痛みはサインである、ということです。

 

痛みは心身ともに何らかの負担があった時に

伝えるために出現しています。

 

痛みが出ることでそれ以上の危険な状況を回避しているとも言えます。

痛みは無視し続ける、

残し続けることで他の部位にも負担を増やして、

痛みが出てなかった部位にも痛みが出現することがあります。

 

次の痛みが最初の痛みに覆いかぶさるように、

出現することで最初の痛みが出なくなるような勘違いすることもありますが、

実際にはどちらの痛みもあることが大半です。

 

痛みの要因は、一つであることより

たくさんの要因が折り重なっているように成り立っていることも多いです。

 

その歴史を深ければ深いほどです。

 

『あなたの痛みはどこから?』

と一つに決められたら楽なのにな〜と思いますが、

そうではないので一緒にどうにかしていくというのが私達の役割です。

 

てぃーぐすいのお問い合わせはこちら