患者さん向け

患者さんや家族さん向けの内容です。

靴の重要性。片麻痺の方の靴選び。麻痺していない足の靴。

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   片麻痺の方で装具をつけている方。 どうしても装具が大きいため、 市販の靴ではなく、装具をつけやすい靴を履く方が多いと思います。   その時に装具をつけていない足 麻痺していない足 のほうも同じ靴を選択することが多いのではないかと思います。

体幹・胸のストレッチ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 前回のブログでは、脇腹らへんのストレッチを行ないました。 今日は胸あたりのストレッチをお伝えします。 胸あたりは肋骨と背骨にて覆われています。 腰に比べ固くなることで問題が起きやすいです。 特に胸はねじる動きが少なくなると問題を起こしやすくなるので、ねじる動きのストレッチをお伝えします。 椅子に座り、背もたれに背中をつけないようにします。 そのまま両手をそれぞれ反対の肘を持ちます。 腕を動かすようにではなく、胸をねじるようにストレッチします。

筋肉の使い方がわからない

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   麻痺した手の筋肉の使い方がわからないという方、 麻痺していないほうが使えるのに筋肉のせいですかね? と言われることがあります。   筋肉の使い方がわからない方、 どうしても方法に目がいきがちです。  

情報を鵜呑みにしない

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。   情報を鵜呑みにしないとはなんなのか。   インターネットの中の情報を鵜呑みにしない ということもあるでしょう。   噂話を鵜呑みにしない ということもあるでしょう。

普段から痛み・しびれがあるけど、生理前にはさらにきつい

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   ご相談があったことをこちらでご返答していきます。   元々右腕にしびれが強く、日常生活にも支障が出ているとのこと。 特に生理前にはその痛みやしびれが強くなるため、 さらにきついとのこと。   右腕だけということで、

口元がゆるい(片麻痺、失語症の方)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   脳卒中などを発症し、 片麻痺や失語症の後遺症を持つ方で、 口元がゆるくなった、という方がいらっしゃます。   口元の筋力が落ちている方 口元の感覚が落ち、自然と口を閉めておけない方 その他の要因の方

装具を卒業してインソール

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 当サロンを利用される方の目標の中で、足につけている装具を外して歩く、という方がいらっしゃいます。 装具を卒業できるぐらいの足の機能を再建するに至っても、装具をつけて歩いてきた期間が長ければ長いほど、装具を外して歩くことに怖さを感じます。 そのような場合には、段階を追って最終的に屋外歩行も装具なしであるけるように進めていきます。 その中で足の機能を補う一つのツールとして、インソールを用いることがあります。 足からの安定性をインソールで足の裏から支えることで、歩きやすくなる方がいます。 インソールであれば、靴の中に入れることができるので、装具のように目立つことはありません。 お問い合わせはこちら

自分自身の権利を取り戻す(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   脳卒中になると、嫌でも何回も聞く言葉に 『リハビリテーション』という言葉があります。 元々の言葉の由来は、 権利を取り戻すという復権から来ています。   では、この権利について、 取り戻したいものはなんでしょうか?

連合反応が出にくい体へ(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   てぃーぐすいのブログでは、連合反応のことを何度か取り上げています。 非常に大切なことなので、何度でも書き方を変えつつ、お伝えします。   麻痺の後遺症がある場合、 心身に何らかのストレスがかかることで、 麻痺した部分が緊張したり、勝手に動いたりすることがあります。 これを連合反応と呼びます。

考えること感じること

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   片麻痺という状態になった方。   脳がどこかに損傷等を負っていることで、 脳がフル稼働しないといけません。   フル稼働をやめてみる、というのも一つの手です。  

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title