患者さん向け

患者さんや家族さん向けの内容です。

沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

疲れやすい?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 片麻痺になると思ってるように身体が動かせません。 左半身の麻痺だとして、普段から右手ばかり使わざるをえなく、右手、右半身が疲れます。 健常者の方からしたら思ったよりできると思う方もいますが、その中での疲労度は大きく異なります。 働くことは思ったよりエネルギーを使っているんですね。 てぃーぐすいのお問い合わせはこちら
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

手術したあとの膝②

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 脳卒中などになり、片麻痺という後遺症を持った方々は、 リハビリにおいて新たに体に覚えてもらう、思い出してもらうことをやる場合が多いです。 膝の手術に至る方、人工関節などをする方の多くは、 膝の痛みに長く苦しんできた方が多いです。
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

予防:普段の生活を見直す

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 脳梗塞の予防ってどうしたらいいでしょうか? とよく聞かれます。 こうしたらいいですよ! と一言でお伝えできたら本当に楽です。

股関節の前のストレッチ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 前回のブログの 膝のストレッチ のあと ふとももの前の筋肉を伸ばしたあと、 下ろした脚の膝を伸ばせるように持ってもらい、 ふとももの付け根を押さえてもらうようにすると、 股関節の前のストレッチができます。 股関節の前の筋肉は、 脚を持ち上げる筋肉でもありますので、
縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

外出できるようになりました

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。   クライアントさまより。 最近一人で外出できるようになったとのことを ご報告いただきました。   嬉しい限りです。   交友関係も広く、

脳梗塞の再生医療

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 沖縄県でも自己脂肪由来間葉系幹細胞を用いた再生医療が行われるようになりました。 札幌医大の再生医療の記事は、多くのテレビ・新聞・ネットのメディアを騒がせましたね。 そして、下記のようなものを開発・治験等が進んでいるそうです。 サンバイオ 細胞医薬「SB623」治験成功で高まる期待―脳の神経を再生 19年にも承認へ 期待は高まりますね。 脳卒中等になり、片麻痺になった場合、多くの方は代償運動の結果そのような動きを誤学習していることが多いです。 再生医療を受ける前にこの誤学習を修正しておくと、その後の効果も高いのではないかと思っています。
沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい

新年明けました。

遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。 さて、今年のてぃーぐすいも去年と同じように動いております。 去年の反省を活かし、システムなどの改善を図っていきます。

腰のストレッチ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 腰は動かしすぎて痛めることが多い場所です。 特に片麻痺になった方は、左右非対称になりやすいので、腰も左右非対称になり、痛めることがあります。 腰は特に無理やりストレッチをしないように気をつけてください。 脇腹がしっかり伸びることが大切です。 まずは麻痺していない手を真上に伸ばし、指先から脇腹を通って、骨盤あたりまで伸ばすように片手で背伸びしてみてください。 それをできる範囲で麻痺した手でも真似してみてください。 手をあげると肩が痛い人などは無理しないでくださいね。 身体を曲げるというよりは伸ばすようにするとストレッチされやすいです。
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

手を開きたい

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 『手を開きたい』 『手が握り込まないようにしたい』 『手に力が入ってしまう』 『手をパーにできない』 そのようなことをよく聞きます。 手は心身が頑張りすぎたときに生じる連合反応にて、手を握ってしまい、そのまま力が抜きにくい、抜けない状態になりやすいです。 手を開けるようになるためには、この連合反応による影響を減らす方法が手を開きやすくする一つです。 この場合、手が握り込む原因が手以外にあるので、その原因を対処していくことが手を開くことできるようになることに
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

過剰な装具?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 装具をつけることで怖くなく、歩けるようになった人がいるかと思います。ずっとつけていくうちに、装具をつけていないと怖い、と思う人も出てくることを目にします。 本来は足の動きがよくなってきて、装具を小さくしたり、装具自体を変更したり、装具を必要にならなくなる方もいます。 ただ、そのような足の能力になってきても、長くつけていて、つけるのが当たり前になっていくと外す怖さ、変える怖さが出てきやすいです。 だから、最初は屋内、家の周り、床面が整っているところなどの環境のコントロールしつつ、次の段階にいけるように足につけるものもコントロールしていく。 一気に変えなくていいです。 少しずつでいいです。 てぃーぐすいのお問い合わせはこちら

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title