患者さん向け

患者さんや家族さん向けの内容です。

沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

可能性を捨てない

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 先日発症から2年経って、当サロンにいらした方。 発症から1度も麻痺された足首が上に上がることがなかった方。 本当に少しではありましたが、ご自分であげられるようになってきました。 てぃーぐすいに来ていなくても、可能性を捨てないで諦めない方が、よくなる可能性が高くなると思っております。 もちろん当サロンは可能性を捨てない方を全力でサポート致します。 数年ぶりに動くようになると、
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

血圧の管理2

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 血圧はいわゆる上の血圧と下の血圧と言われる収縮期血圧と拡張期血圧があります。 血圧で最初にいう数字は収縮期血圧といいます。数字が大きいほうが収縮期血圧です。 その後の数字が拡張期血圧です。 さて、血圧の管理です。 心臓は自律神経という神経でコントロールされています。 自律神経は基本的には自分ではコントロールできません。 心臓を自分で止めようと思ったら止められたら大変ですよね。 この自律神経の交感神経が興奮すると、心臓が速く動くようになります。

人の身体に終わりはない。

こんにちは。代表の玉城です。 脳卒中を発症されると、程度に差はありつつも、身体が発症前と異なる状態になります。 その一つに片麻痺という状態があります。 片麻痺は、右または左半身が動かしにくくなる状態であり、人によって程度は異なります。 多くの方は、『もうこれ以上よくならないからうまく付き合ってね』と、主治医やリハビリテーションの担当者から伝えられることがあります。 数ヶ月前に発症し、何十年間一緒だった身体に急激な変化があり、それを受け入れることができる人がどの程度いるのでしょうか。 てぃーぐすいのクライアントさまの多くは、まだまだやりたいことがある!今の身体からもっと良くなりたい!装具を外して自由に歩きたい! などのご希望の方がいます。 片麻痺という後遺症になってしまっていても、身体の変化はずっと起きています。

えっ?手の骨折がここまで影響するんですか?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 手の骨折をして手術をした経験のある方。 問題は手首の硬さだったり、動かしにくさのみに思うかもしれません。 その手首自体も問題があるので、施術する必要はあります。 ですが、その手首からの他の影響もあります。 ①動かせる機能上の問題 手首の骨折をして手術を行なうことで、 動かしていた範囲を動かせなくなることがあります。 そうなると手首以外の部分で過剰に動かさざる負えなくなってしまい、 他の関節などに負担をかけすくなります。 骨折した手首と同じ肩がこりやすくなったりがよくある例です。 ②筋膜などの膜のつながりの問題 厳密にいうとFasciaという膜の繋がりの影響で、 手首の骨折と手術によって、 その部位の皮膚や筋膜がよじれてしまい、 他の部位に影響をもたらします。 このよじれ方によってどの部位に影響するかは異なってくるため、 影響しているどうか、 どのように影響しているかを体をチェックしていきます。 このような2つの観点からみても、体中どこにでも問題は起こりうることがわかります。 実際に骨折した手首と反対の足に影響が出ている方もいらっしゃいました。
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

血圧の管理

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 脳卒中には、脳梗塞と脳出血が多いです。 脳出血を発症された方で、高血圧を抑える薬を飲んでいる方がいます。 元々の生活習慣を改め、血圧が適正になってきている方の場合、血圧が下がりすぎてしまう可能性もあります。 その場合、主治医と相談すると、薬の調整をしてくれます。 『あれ?最近血圧低くない?』と感じている方は特に主治医に相談してみてください。 てぃーぐすいのお問い合わせはこちら
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

脳梗塞の予兆

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。      これまで何回か脳梗塞の予防、 再梗塞の予防という観点でブログにしました。 予防:普段の生活を見直す 脳梗塞の予防って? 予防としての水  
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

片麻痺:頑張って歩いたほうがいい?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 片麻痺になった方から頑張って歩いたほうがいいかという質問を受けます。 まず 歩いたときに手や足に力が入りすぎてしまい、自分で元に戻せない方には、   頑張った歩かないでください とお伝えします。
沖縄,片麻痺,脳卒中,脳梗塞,脳出血,リハビリテーション

コロナウィルス対策(手指消毒)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 日本国内で注意喚起の言葉としてよく使われている3密は、 ①密閉 ②密集 ③密接

足首のストレッチ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。 ストレッチを行なう際には、無理やりはやらずに気持ちいい程度にしましょう。 1回のストレッチだけで大幅に筋肉が伸びるということは少ないです。 ストレッチも積み重ねが大切になってきます。 身体がここまで動くんだなと神経たちがわかってくれるというのも、一つの効果です。 まずは継続していきましょう。 ふくらはぎのストレッチです。 ふくらはぎはどうしても頑張りすぎてしまう場所ですので、定期的にストレッチできたら嬉しいです。 立てる方は麻痺したほうの足を後ろにして、アキレス腱を伸ばすようにします。

大変申し訳ありません!予約が埋まってきています!

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいの代表の玉城です。   てぃーぐすいを始めて数年、 本格的に動き出して間もないてぃーぐすいですが、 予約状況が以前より埋まってきております。   今来ている方の予約が最優先になりますので、 新規の方の予約は取りにくくなる可能性がございます。 よろしくお願いいたします。

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title