患者さん向け

患者さんや家族さん向けの内容です。

手の動きの動きをよくしたい(片麻痺による後遺症)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   手の動きを改めて思い出していくためには、 手の動きはどのような動きによって支えられているかを知る必要があります。   指の動きは手のひらの動きが必要で、 手のひらの動きは手首の動きが必要です。   手首の動きは前腕の動きが必要で、

指が固くなりやすいです、どうしたらいいでしょうか?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   指に力が入って固くなりやすいです、 どうしたらいいでしょうか? と質問をしてもらいましたので、 その方に向けたお返事をブログでも一部載せます。   まず心身どこかが緊張することで、 連合反応が起き、麻痺した手や足が緊張して固くなることがあります。

姿勢が悪いんです、どうしたらいいでしょうか?

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   姿勢が悪いんです、 どうしたらいいでしょうか? という質問を受けることがあります。   まず姿勢にはいろいろあり、 今この姿勢はあなたの心身の最善な戦略で創られた姿勢です。  

急がなくていい、悩んでいい

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   すぐにできないんです すぐにできない自分はだめなんです   身体や心がすぐに動きたがらない時には すぐに動かなくていいと思います。   すぐに動かないと誰かに迷惑がかかると思っている方は、

なってからやるのではなく、なる前からやってみる

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   〇〇になったらやってみる 〇〇じゃなくなったらやってみる そんな言葉を口にしたことをある人もいるかと思います。   麻痺じゃなくなったらやってみたい と口にしたことありますか?  

なりたい自分になるために逆算する

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   可能性は無限大であることを ついつい忘れてしまうことがあるかも知れません。   子どもでも大人でも、 可能性は無限大です。   なりたい自分になるために

うちを整えて、そとが整う

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   関節に近い筋肉は関節の噛み合わせをよくしてくれます。 関節に近い筋肉は、 表面よりも内側にあります。   心(うち)を整えて、身体(そと)が整います。 関節に近い筋肉のインナーマッスル(うち)を整えて、表面の筋肉アウターマッスル(そと)が整います。  

高い声を出せるようになってきた。

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   失語症の後遺症を持つクライアント。 声自体は元から出ていましたが、 声の高さの幅が広がってきて、仲間と嬉しくなりました。   高い声が出せるようになってきたのは、 耳から聴ける音が変わり、 その音をのどや呼吸などで再現できるような身体になってきたということです。

変化に抵抗する身体

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   人間に恒常性というものがあります。 いい、悪いは関係なく、 人間は今の状態から変わらない選択肢を取ります。   今の状態を維持しようとすることを恒常性といいます。   今の状態を維持しようとすることで

失語症の方への自主トレ動画、ものの名前を言う練習・呼称練習の後半

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいでは、 失語症のクライアントさまに個別に自主トレ動画をお渡ししています。 その中の一部を公開し、同じような方に役立ててもらえたらなと思います。 今回は、ものの名前を言う練習(呼称練習)の後半です。   前半はこちら 失語症の方への自主トレ動画(ものの名前を言う練習:呼称練習)

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title