患者さん向け

患者さんや家族さん向けの内容です。

先入観に気がつく(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。 本日もありがとうございます!沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいのたましろです。   自分自身が先入観を持っていることに気がつくことが大切です。 麻痺とは治らない 麻痺した手は動くようにならない そんな先入観があったら思ったとおりになることがあります。   自分の麻痺した手をどうにかする、と信じて疑わない人は、

装具を使わなくなる体(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   脳卒中などを発症して、片麻痺になった方が歩いたり、立ったりするために、 装具を履くということがあります。   装具にはたくさんの種類があり、 医学や科学の進化によって、 日々高性能な装具が開発されています。  

無意識に歩けるようになること(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいです。   今歩けない方は、あるけるようになることを目標とするかもしれません。 今歩けるけども、装具や杖を使っている人は、 それらがなくても歩けるようになることを目標にするかもしれません。   歩くことを目標とした時に、 きれいな歩き方を歩けるようになりたい!という方がいます。 きれいにというと、発症する前の歩き方を目標にしているのではないでしょうか。

どんな過程で言葉を覚え、使うようになるか(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいのたましろです。   人間は生まれた時に話すことができません。 まわりの大人、両親などの言葉を覚え、 使えるようになっていきます。   言葉を話せても、いきなり文字を書くようにはなりません。 言葉を話せても、いきなり九九を言い始めたりしません。 ものごとには段階があります。

すぐに変わるものと時間をかけて変わるもの(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   すぐに変わるものと時間をかけて変わるものとがあります。 表面上の問題はすぐに解決するでしょう。 時間がかかって積み上がった問題は時間をかけて解決することが必要かもしれません。   時間をかけて変わるもの、解決するものは、 いつから積み重なった問題なのか、 その問題を見ていくことが大切です。

どこから変わるか、どこから変えるか(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   片麻痺や失語症になっても、心身は無限に変わる可能性があります。 変わる可能性がある前提で、 どこから変えていくか、変わっていくかの意図を持つことが大切です。   問題の問題、さらにその奥の問題と、 深く深く必要なことをしていく必要があります。  

高次脳機能障害で悩む当事者・ご家族の方へ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   集中力が続かない 左側が見えづらい 覚えるのが苦手になった など   これらは『高次脳機能障害』と言われる脳卒中などの後遺症の1つです。 高次脳機能障害の多くは、目で見えるような体の症状ではないので、

失語症の方に対するリハビリについて

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすい 言語聴覚士の喜友名です。   失語症の方と接していて大切にすることは、 その方の「ことば」です。   その方自身の「ことば」を大切にします。   失語症になると言葉を表現したり、

子どもの言語発達に関して不安をお持ちの方へ

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロンてぃーぐすいの言語聴覚士の喜友名です。   最近、子どもの言葉の発達についての相談が増えてきました。   ・子供の発音が気になる ・言葉の数が他の子より少ない気がする ・まだ初語(意味のある言葉)がでてこない ・まわりの方に心配される  

体が緩むこと(片麻痺、失語症の方へ)

こんにちは。沖縄片麻痺専門サロン てぃーぐすいです。   体がリラックスしている時、 もしくは緊張している時を 自分でリアルタイムに感じることがありますか?   緩みやすい体を作る 緊張し続けないような体を作る 緊張していること、緩んでいることを気がつく体を作る

リンク

0ファンいいね
0フォロワーフォロー

Blog

Block title